本文へスキップ

医療脱毛とサロン脱毛の違いを知りましょう!

医療脱毛とサロン脱毛の違いを知りましょう!

医療脱毛とサロン脱毛の違いを知りましょう!

脱毛法の決定的な違い
脱毛をしてむだ毛のない美肌をゲットしたいと多くの人が思っています。いまは自宅でお手入れが可能な家庭用の脱毛機も販売されており、高機能・低価格化が進んでいますが、より高い効果を求めて別の方法を選択している人が多いです。主な選択肢としては医療機関での脱毛と、非医療機関である脱毛サロンでのお手入れです。

医療機関で行なわれている脱毛方法の代表はレーザー脱毛、非医療機関である脱毛サロンで行なわれている脱毛方法の代表は光脱毛です。より高い脱毛効果が見込めるのは、照射出力が高いレーザー脱毛のほうです。脱毛サロンは非医療機関であり、医療行為が認められている医療従事者もいないということもあって、高出力なレーザー脱毛を取り扱うことは禁じられています。

また、レーザー脱毛も光脱毛も、毛根細胞に損傷を負わせて効果を出す方法です。いまの国内では医師がいない施設で毛根を破壊する行為は法律によって禁じられています。毛根を破壊することで脱毛効果というのは得られるもので、人によっては脱毛サロンに通っていたものの、思うように脱毛効果を得ることができずに医療機関で施術を受けることに切り替えるケースも珍しくありません。

もちろん、脱毛サロンに行くのが悪いということはなく、サロンでの脱毛にはサロンでの脱毛の良さというのもあります。当サイトでは医療機関での施術とサロンでのお手入れに関する主な違いについてまとめていますので、どちらへ行くかで迷っている人は参考情報としてお役立ていただければ幸いです。


〜医療脱毛関連 おすすめサイト〜
医療脱毛の場合、事前カウンセリングやアフターケアが充実しているクリニックが多いです。そのほか、硬毛化保証制度などが付いた全身コースを用意しているクリニックもあります > 医療脱毛 全身コース