本文へスキップ

医療脱毛とサロン脱毛の違いを知りましょう!

医療脱毛とサロン脱毛の違いを知りましょう!

医療脱毛とサロン脱毛の違いを知りましょう!

トラブル時の対応
医療機関で行なわれている脱毛と、非医療機関であるサロンで行なわれている脱毛とでは、ヤケドをはじめとするトラブル時の対応が異なります。医療機関とサロンとでは、トラブル時の対応に関して医療機関のほうに優位性があります。

医療機関は医師をはじめとする医療従事者が施術を行なうため、万が一ヤケドなどのトラブルが起こった場合でも、その場で適切かつ迅速に処置をほどこすことが可能です。これに対し、非医療機関であるサロンではサロン内に医療行為を行なえる人がいないため、その場ですぐに処置を行なうことができません。なお、医療機関の場合には施術を行なったことによるトラブルの診察料や薬の費用、追加で行なう照射の費用を無料としているところもあります。

ただ、非医療機関である脱毛サロンでも、トラブル時の対応に力を入れているところは少なくありません。とくに大手といわれるようなサロンでは、提携医療機関があるケースが多いです。この場合、何か皮膚にトラブルが起こった場合には、サロン内ですぐに処置をほどこすことはできませんが、費用負担なしで提携医療機関に行くことにより、診療を受けることが可能な場合が多いです。サロンによっては医療機関がすぐ近くにあって、行くことに時間や手間がかかることがありません。